VB.NET DataGridView ノート

更新:2017.4.25

目次

データグリッドビューのフォントサイズを変更する方法

データグリッドビュー全体の設定する場合。

DataGridView.CellTemplate.Style.Font

データグリッドビューのカラムに対して設定する場合。

DataGridViewTextBoxColumn.RowTemplate.DefaultCellStyle.Font = New Font(DataGridViewTextBoxColumn.DefaultCellStyle.Font.Name, 11)

DataGridViewTextBoxColumnで値がNULLのときに表示する値を設定する方法。

DataGridViewTextBoxColumnをDataGridViewに設定して、値がNULLのとき何か決まった文字列を表示したいときに使えるテクニックです。

Dim col As New DataGridViewTextBoxColumn()
With col
    .Name = "カラム"
    .DefaultCellStyle.NullValue = "値がない"
End With
dgv.Columns.Add(col)

データグリッドビューのデータをデータテーブルに入れる方法。

データグリッドビューのデータをデータテーブルに入れて、同じデータをほかのコントロールで使用したいときに、使えます。

ポイントは、データグリッドビューの行が、DataGridViewRowで、このDataBoundItemをDataRowViewに入れることで、DataRowとして扱うことができるようになります。

コード

For Each dgvr As DataGridViewRow In Me.myDataGridView.Rows
    Dim dvr As DataRowView = dgvr.DataBoundItem
    myDataset.myDataTable.NewRow()
    myDataset.myDataTable.ImportRow(dvr.Row)
Next

もう少し簡単な方法があれば良いと思いますが、ループ回すしか無さそうです。

DataGridViewでダブルバッファ−を使う。

データグリッドビューのダブルバッファ

データグリッドのデータソース指定

※データ絞り込みの関係で、DataViewを入れている

Me.dgvデータグリッドビュー.DataSource = dv

データグリッド のデータソースを指定した後にコードを追加する。

Dim myType As System.Type = GetType(DataGridView)
Dim myPropertyInfo As System.Reflection.PropertyInfo = myType.GetProperty("DoubleBuffered", System.Reflection.BindingFlags.Instance Or System.Reflection.BindingFlags.NonPublic)
myPropertyInfo.SetValue(Me.dgvデータグリッドビュー, True, Nothing)
IT関係関連記事











これからブログなどのサイトを作りたいと思っている人は、お名前.comでのドメイン取得がオススメです。

■□━━ 急げ、ドメインは早い者勝ち! ━━□■
     ■お名前.com

アマゾンの2019年本屋大賞一覧

そして、バトンは渡された
ひと
ベルリンは晴れているか
熱帯
ある男

楽天市場のおすすめ商品一覧

お金2.0 新しい経済のルールと生き方 [ 佐藤航陽 ]
全部レンチン!やせるおかず 作りおき 時短、手間なし、失敗なし
「読む力」と「地頭力」がいっきに身につく 東大読書 [ 西岡 壱誠 ]