vscodeでgitにcommitしたらpushを自動化したい

更新:2019.3.3

目次

はじめに

記事を書くときにvscodeを使って書いています。 マークダウンファイルの管理はgitを使用していますが、commitしてpushするのが少し手間なので、vscodeのgit設定を変更してcommitしたらpushまでやってくれるようにしたいと思います。

設定方法

git hookを使わないと行けないかなと思っていましたが、vscodeの設定だけでなんとかできそうです。 手順は下記のようになります。

  1. 設定画面を開く
  2. ワーク設定のタブをクリック
  3. 拡張をクリック
  4. gitをクリック

git拡張の設定画面を開くと下のような画面が表示されますので、「post commit command」という項目を「push」にします。

画像

設定はこれで完了です。このあと、なにかファイルを編集してcommitすると自動的にpushされるようになります。

まとめ

プログラムのソースコードであれば、ある程度まとまった単位でプッシュしたいということがありますが、 ブログ記事のように1ファイルで完結するような編集であれば、コミットしたら自動的にプッシュしてくれた方が作業が減りますしプッシュ忘れもなくなって楽になります。

他にも、git pushをcronで定期的に実行させる方法もあるようですが、無駄な処理が多くなりそうなのでvscodeでcommitしたときだけpushされるようになっているとスマートでいい感じです。

IT関係関連記事










これからブログなどのサイトを作りたいと思っている人は、お名前.comでのドメイン取得がオススメです。

■□━━ 急げ、ドメインは早い者勝ち! ━━□■
     ■お名前.com

アマゾンの2019年本屋大賞一覧

そして、バトンは渡された
ひと
ベルリンは晴れているか
熱帯
ある男

楽天市場のおすすめ商品一覧

お金2.0 新しい経済のルールと生き方 [ 佐藤航陽 ]
全部レンチン!やせるおかず 作りおき 時短、手間なし、失敗なし
「読む力」と「地頭力」がいっきに身につく 東大読書 [ 西岡 壱誠 ]