windowsでシンボリックリンクを作成する方法

2017.10.14

シンボリックリンクを作成するためのコマンドは「mklink」。

管理者でコマンドプロンプトを起動する。

コマンドプロンプトでmklinkを実行すると、ヘルプが出る。

C:\work>mklink
シンボリック リンクを作成します。

MKLINK [[/D] | [/H] | [/J]] リンク ターゲット

        /D          ディレクトリのシンボリック リンクを作成します。既定では、
                    ファイルのシンボリック リンクが作成されます。
        /H          シンボリック リンクではなく、ハード リンクを作成します。
        /J          ディレクトリ ジャンクションを作成します。
        リンク      新しいシンボリック リンク名を指定します。
        ターゲット  新しいリンクが参照するパス (相対または絶対)
                    を指定します。

実際にjpgファイルのシンボリックリンクを作成してみる。

C:\work>mklink link.jpg C:\work\test.jpg
link.jpg <<===>> C:\work\test.jpg のシンボリック リンクが作成されました

C:\work\link.jpgを開くと、C:\work\test.jpgがひらく。

もちろん、プログラムからもシンボリックリンクを元ファイルとして参照することができる。

ネットワークドライブのファイルに対しても作成できる。

プログラムで何かのファイルを利用するとき、元ファイルは1か所にまとめておき、必要なものだけプログラムが参照するディレクトリにシンボリックリンクを作成して活用できそうだ。

これで、ファイルをいろいろなところにファイルをコピーしなくても、リンクを張ることで、ディスク容量の節約とファイルが散乱するのを防げるかもしれない。