windowsコマンドでzipする方法

2017.10.14

Windowsの標準コマンドではzipファイルを生成できない。

でも、バッチファイルでファイルをまとめてzipしたいときがある。

その方法について書く。

Winodws向けのzipを使用する

Linux版のzipをWindowsでも使えるようにしてくれているサイトがあるので、そこからダウンロードする。

必要なものは、zip.exeとbzip2.dll。

zip.exe単体では動作しないので、注意したい。

zip.exeのダウンロード先はこちら。

http://gnuwin32.sourceforge.net/packages/zip.htm

bzip2.dllのダウンロード先はこちら。

http://gnuwin32.sourceforge.net/packages/bzip2.htm

使用方法

一番簡単な方法として、zip.exeとbzip2.dllを同一フォルダに格納し、同じフォルダ内でzip.exeを実行する。

環境変数に追加するか、環境変数のパスが通っている場所に格納するのもあり。

環境変数をいじりたくない場合は、少し面倒だが、バッチファイルやコマンドでzip.exeをフルパスで指定して実行する。

zip.exeの使い方自体はLinuxのzipコマンドを説明したサイトを見てもらえたらと思う。

zip.exe -r 圧縮ファイル名.zip 圧縮したいフォルダ

この例では、圧縮したいフォルダのを再帰的にたどってまとめて一つのファイルに圧縮する。